たけしの家庭の医学で紹介されるキクイモ(菊芋)は中性脂肪や血糖値を減らす?






2月6日放送のたけしの家庭の医学では、中性脂肪を減らす科でキクイモ(菊芋)が紹介されます。

 

キクイモ(菊芋)は、イヌリンという成分が含まれていて、水溶性食物繊維が豊富なことから中性脂肪値を下げたり、血糖値の上昇を抑制する効果があり、糖尿病予防や脂肪肝対策に期待できそうです。

 

 

イモと聞いて糖質や炭水化物が多いというイメージがあるかもしれませんが、さつまいもやジャガイモに比べてデンプン質が少なく、多く食べても問題ありません。

 

 

水溶性食物繊維であっても糖質や炭水化物が多いと中性脂肪を減らす効果は半減するので、キクイモ(菊芋)は超万能食材であることは間違いありません。

 

 

私自身も脂肪肝で中性脂肪値が高いので、キクイモの料理を作ったり、キクイモのサプリメントの購入を検討したいと思います。

 

 

楽天には以下のようにキクイモの通販やサプリが多数販売されています。

 

また、中性脂肪値を下げるには血液がサラサラになるEPA.DHA.ナットウキナーゼのサプリメントを飲むことが有効です。

 

 

魚や野菜をたくさん食べると中性脂肪値を減らしたり、糖尿病予防には効果的ですが、忙しい人は毎日作るのは大変だし、食べるのも飽きてきます。私はサプリで一瞬にして補給しています。


 

 

中性脂肪を自力でみるみる下げるコツ中性脂肪を自力でみるみる下げるコツ

中性脂肪を減らし、心臓を元気にするEPA~中高年の「メタボリック・シンドローム」を一掃

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ