世界一受けたい授業 ミトコンドリアはイカとタコで増やす?






3月5日の世界一受けたい授業では、太田成男先生がミトコン
ドリアについて解説してくれます。

 

ミトコンドリアとは人間の重要な器官で、細胞が活動するため
に必要なエネルギーを作り出す役割を担っています。

 

ミトコンドリアが不足すれば当然、体力は低下し疲れやすくなっ
てしまいます。そのために、人間はミトコンドリアを増やすような
行動に出る必要があります。

 

世界一受けたい授業の太田成男先生の講義では、イカやタコ?など
を食べることによって、ミトコンドリアの活性化を促す方法を紹介
します。

 

重要な点は、ミトコンドリアそのものを口から補給するものではな
く、イカやタコ?などの魚介類に含まれるタウリン、うなぎ・豚肉・
玄米などに含まれるビタミンB群、レバー・卵黄・あさりなどに含ま
れる鉄分を補給してミトコンドリアを増やして、人間の細胞に働き
かけ元気にするメカニズムがあります。

 

人間の細胞が元気になれば、疲れを解消したり、老化防止につながっ
て皮膚の美容増進を促す作用が期待できるので、ミトコンドリアが
重要な役割を果たしています。

 

また、ミトコンドリアは卵子・精子の源と言われているので、不妊
の解消にも効果があると注目されていますし、代謝を促すので脂肪を
燃焼してダイエットできるメリットも注目されています。

 

ミトコンドリアのサプリメントも発売されているようなので、要注目
ですね。↓↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ