今井雅之ががん宣告された病院は西宮の兵庫医大!?




今井雅之さんが大腸がんの末期がんを会見で公表されま
したが、正直ショックでした。まだ50代でお若いです
し、会見の激やせされた様子に衝撃を受けました。

今井雅之さんは当初、腸の風邪と誤診され2ヶ月ほどがん
発見が遅れたと言われていますが、本当に残念なことだと
思います。その誤診をした病院は公表されていませんが、
うわさでは東京都内の国立病院という話があります。国立
は東京都国立市の病院か国の病院かは定かではありません。

今井雅之さんは心配になったのでしょう。その後、兵庫県
西宮市の兵庫医大(おそらく間違いない?)で診察を受けて
がん宣告されました。末期がんということで緊急手術を
受けられます。何とか一命はとりとめ、その後横浜の病院
や信濃町(慶応病院?)と病院を変えられています。

病院の医師の診断も当てになりません。誤診した病院はできれ
ば公表してもらいたいものです。今後その病院に行けばまた
誤診されると思って誰も行こうとしません。国立病院らしい
のでそれで推測するしかありません。

今井雅之さんは抗がん剤治療をされているようです。当初は
免疫療法も試されたようですが、体に異常をきたして抗がん剤
治療に戻されたようです。でも抗がん剤治療はいろいろ調べて
いるとあまりいい治療ではないようです。

抗がん剤治療は、がん細胞を攻撃するだけでなく、正常な細胞
も攻撃するらしいので、人間本来持っている免疫機能を弱らせる
ようです。食欲も当然なくなるでしょうし、どんどん体の抵抗力
が弱くなっていきます。

今井雅之さんはかなり激やせされていますが、きっと抗がん剤
の副作用が激しいのが伺えます。自分はがんになったことが
ないのでどれほど治療が苦しいかわかりませんが、何とか
今井雅之さんにはがんと戦っていってほしいと思います。

暴力列島  [DVD]

末期がんのステージ4ということで、大腸から他の臓器にも
転移されてかなり厳しい状況だと思います。5年生存率も
10~20%となります。

がんは健康な人間の中にも存在しているという説もあり、免疫
機能が正常であればがん細胞を自然に死滅させているようなので
人間本来の免疫力は病院の治療にも負けない効果もあると思います。
なので本当ば抗がん剤治療は避けたいところです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ