今井雅之の末期ガンを誤診した病院はどこか徹底検証!


今井雅之さんが末期の大腸ガンを「腸の風邪」と誤診された
病院と経緯、そしてこのような誤診を防ぐ対策を考えてみた
いと思います。

昨年の秋に2ヶ月間、計3~4回にわたって通院して「腸の
風邪」と誤診された病院は、いろいろ調べても「都内にある
国立病院」としかわかりません。

この後、西宮の病院で明らかになる大腸ガンの末期症状を
「都内にある国立病院」は見逃していたことになります。
医者は何を診ていたのでしょうか?合計で3~4回も今井
雅之さんが通院しているにも関わらず、CTスキャンなどの
精密検査をしなかったのでしょうか?

精密検査をしていないのであれば、これは明らかに職務怠慢
であり、責任を問われても仕方ありません。また、精密検査
をしていたのであれば完全な誤診となり、多くの非難を浴び
かねません。今のところ公表された事実はありませんから、
このまま闇に葬られるのでしょうか?

今は、今井雅之さんがガンと闘う決意をされていますので、
過去の誤診を追及する余裕も気持ちもないと思います。ただ、
もし、大きな過失が存在しているとすればこのまま見過ごす
ことはできないと思います。

今回の今井雅之さんのような誤診は、いまどきの病院では普通
に見られるようです。これでは助かる命が一人の医師の誤診に
よって台無しにされてしまいます。

せんせい、誤診です!  ~ホラー漫画家の本当にあった怖い闘病~

では、私たちがこのような誤診に遭遇しないようにするには
どのような対策が必要でしょうか?
それはやはり、一つの病院で完結せず最低でも二つの病院、
二人の医師、できれば今回の今井雅之さんが4つの病院を
転々とされたようにできる限り多くの病院を紹介してもらった
りして自分の身を守らないといけないと思います。

ただ、体が弱っているときに冷静な判断を下せないのも仕方
ないですし、資金的に余裕がないと病院を選んでいられない
ということもありますので難しいところです。

ある大病院などは、毎日多くの患者が訪れ、まるでたらいま
わしのように患者を診察して問診だけで終わらせているところ
もあると思います。そのような病院では忙しくて精密検査も
してくれないでしょうし、できたとしても自分からお願いするか
何時間も待たされるといった具合になるでしょう。

悲劇の誤診をなくすには、やはり地域の病院をあらかじめ下調べ
し、いざとなったときにその病院へ行ける準備を日頃からしておく
ことが重要だと思います。

とにもかくにも今井雅之さんが無事生還されることを願います。

One Response to “今井雅之の末期ガンを誤診した病院はどこか徹底検証!”

  1. けんじ より:

    今井さん。
    数々の芝居・ドラマ・映画に出演し「素晴らしい、今井流」の素敵な姿を観させて頂きました。

    本当に有難うございます。

    自分も、いつも体は心配です。

    仕事柄・・あと性格も含め・・。

    今回「誤診」という言葉が登場しています。

    「誤診」はこの世の中に数多く、すぐ自分のそばにもある事かもしれない・・と思ってもいます。

    「誤診」をなくす・・と言うのも本当に大切な事であり、医師も「誤診」されたとも決して思いたくないはずです。

    私の行く病院は・・。

    心暖かい、また楽しさを与えてくれる病院です。

    心配性の私は、少しでもおかしいと、すぐに訪れます。

    そのたびに「詳しく!わかりやすく!気さくに」
    更に、世間話を何度もして「医師」という特別な免許を持っている代わりに、医師でない人間の知っている事や、近況を話す私の内容にいつもよ~~~く聞いてくれ、
    「えっ!そうなの?」とか
    「それって、こうじゃないの?・・知らなかったよ~!!」
    などなど・・。

    医師と患者の時間であるのに「人間と人間」の時間を作ってもらえる病院です。

    ですので・・。

    皆さん!!とことん「医師」という免許を持っている「人間」を探し・・。
    とことんお話して、お互いに病気関連の小さな事を知る。

    この方法を試みて下さい。

    必ずこのような医師(人)は沢山、た~~~くさん居るはずです。

    それには、自分を大切に思いながら、毎日を過ごすこと。

    その中で「大切な自分」を守ってくれる人を真剣に探し、判断することが何よりも必要です。

    「あとひとつ」と言う歌がありますよね?

    そう、あと一つ自分を大切にするために、勇気を出して、恥ずかし気持ちや・・。
    「まぁ・・大丈夫」と思う気持ちを考えず。

    「大丈夫!!!!」という言葉は「自分以外の人」にいっえもらえることで、気持ち・祐樹・安心・自信・楽しみ・嬉しさ・明るさ・・などもらえます。

    色々、好き勝手に書かせて頂きましたが、自分の為に自分が動きませんか?

    そうすれば・・大好きな人(他人)のために、その倍に動ける力が体に入ります。

    今井さん。

    本当にお疲れ様でした。

    素敵な「今井 雅之」を人生の中で観させて、感じさせてくれました。

    そちらの世界でも「第二の、今井雅之」として存在し、生きている(活きている)のだろうと心より思っています。

    皆さん!!活きましょう!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ