南海トラフ地震の前兆?熊本地震と九州の地震活動について考察






東日本大震災並みのマグニチュードが予想される南海
トラフ地震の危険が迫っています。熊本地震や九州全
体の地震が南海トラフと関係しているかとても気になる
ところです。

 

熊本地震が南海トラフ地震の前兆現象なのかをいろいろ
な情報を整理してまとめてみたいと思います。

 

熊本地震が起きたところは、中央構造線断層帯というと
ころで起きています。ちょうど震源地は断層の上に位置
していて、断層帯は地震発生のメカニズムを知る上で重
要な地域になります。

スクリーンショット 2016-05-03 12.00.13

 

南西方向には、沖縄トラフの北側がさしかかり、九州全体
や熊本周辺に大きな影響を与えています。そして、南海ト
ラフは、陸側へフィリピン海プレートが沈み込み、南海ト
ラフから北西方向に力がかかり、内陸直下型地震の発生を
生み出す要因になっています。

スクリーンショット 2016-05-03 12.01.53

 

南海トラフが熊本地震に与えた影響については賛否あり、
どの考えが正しいかは断定できません。基本的に大地震
の予測は不可能なので地震学者の見解はあてにできません。

 

ですが、わたしの考えでは、南海トラフが熊本地震に与えた
影響は少なからずあるのではないかと思っています。南海
トラフから北西方向に絶えず力が加わって、中央構造線や
沖縄トラフにも刺激を与えている可能性があります。

 

もし、熊本地震が南海トラフ地震の前兆だとすれば、南海
トラフの大地震はいつ起きてもおかしくない状況とも言え
ます。昭和南海地震から月日が経っていますから、相当な
ひずみがたまっている可能性があり、将来必ず起きると思
って間違いないと思います。

 

地震体感予知で有名な紫式部さんやミッヒーさんも南海ト
ラフ地震が近々に発生すると予言しています。今後も熊本
地震はしばらく余震が続き、その他の地域も内陸型の直下型
地震が起きる可能性があります。

 

地震予知で有名な村井氏の予測によると、南海トラフは
レベル3(震度5以上の地震が発生する可能性が高い)と
なっています。以前はレベル4になっていましたが、レベル
ダウンしています。ですが、油断は禁物です。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ