古賀紗理那は木村沙織二世!ワールドカップバレー2015


いよいよワールドカップバレー2015の女子大会がはじまる!
初戦はアルゼンチン戦。近年レベルを上げてきているような
ので油断はできない。日本は木村沙織がキャプテンでチーム
をまとめているが、その木村沙織の後継者と言われているの
が古賀紗理那だ!

このワールドカップバレーはリオオリンピックの出場権がか
かるだけに参加の各国チームもモチベーションが高く、厳し
い戦いが予想される。

この厳しい戦いの中で、日本のキーマンになるのが古賀紗理
那になると思う。ワールドグランプリ2015でもチームの中心選
手として活躍していて、ワールドカップでもスーパーエース
の位置づけになると思う。

古賀紗理那はまだ19歳で、世界の経験は少ないが、素質は十
分で180cm、66kgという恵まれた体格で力感のあるアタック
が決められる日本の秘密兵器である。

古賀紗理那は佐賀県出身で、母親の影響から小学2年生でバレ
ーボールを始め、中学高校とバレーの道に進み、高校では熊本
信愛女学院高校に進学して、春高バレーではベスト4になり、
合わせて優秀選手賞に選ばれた。

2013年4月に、全日本女子メンバーに初選出され、同年5月から
のヨーロッパ遠征メンバーにも選出され、イタリア4か国対抗
で全日本代表デビューを果たしている。

今年に入ってから、VプレミアリーグのNECレッドロケッツに所
属し、10年ぶりのリーグ制覇にも貢献した。
Vプレミアの活躍を見ても十分実力を備えていることが証明され
ていて、ワールドカップでも大活躍すると期待されている。

ただ古賀紗理那にも欠点がある。若干レシーブに難があるよう
で、目標にしている木村沙織のようなオールラウンドプレーヤ
ーになるにはもう少し経験が必要かもしれない。

しかし、今回のワールドカップバレーでも期待されていた高校
生の宮部藍梨が腰痛で残念ながら欠場してしまったので古賀紗
理那には攻撃面で活躍してもらわないとチームとして弱体化し
てしまう恐れがある。

バックアタックやブロックアウトなども器用にこなせる古賀紗
理那を生かすためにもサウスポーの長岡望悠や石井優希、迫田
さおりあたりがサポートしていかないといけない。

長身のロシアや中国と対戦した時は、必ずブロックにかかるは
ずなので、古賀紗理那に集中させずにいろんなバリエーション
で攻撃していかないといけない。

たぶん古賀紗理那が活躍しないと、ワールドカップでのオリン
ピック出場権は難しいと思うので、長丁場いろんな選手を使っ
て、最終2連戦のアメリカ、中国戦は古賀紗理那に賭けたいと
ころだと思う。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ