台風12号 米軍進路予想2015 来週にも日本列島へ直撃か!?


台風12号は日本のはるか南東海上を西へゆっくり進んでいますが、
早ければ来週にも日本列島へ接近する可能性があります。
勢力を強めて日本に向かって来ていて不気味な動きをしています。

強い台風12号の最新情報によると、7月15日9時には、ウェーク島
近海にあり、毎時15kmの速度で西へ進んでいます。
中心気圧は965hPa、中心付近の最大風速は35m/s、最大瞬間風速は
50m/sです。

スクリーンショット 2015-07-15 12.53.40

※画像は、ヤフーより引用
※画像クリックで拡大できます

台風12号は徐々に勢力を強めていて、危険な兆候が見えはじめてい
ます。今後はウェーク島近海を西へ進み、18日9時には南鳥島近海に
達すると予報されています。

アメリカ・ハワイの米軍合同台風警報センター(JTWC)の最新情報
では、まっすぐ小笠原諸島へ向かってくる予報図となっていて、日本
列島に影響が及ぼしそうな気配をみせています。

スクリーンショット 2015-07-15 12.55.22

※画像は、米軍より引用
※画像クリックで拡大できます

台風12号は、強い太平洋高気圧を避けるように西へ進んでいると思わ
れ、日本の南海上に達した頃には進路を北に変える可能性があります。
もしそうなった場合、来週にも日本を直撃する可能性が出てきます。

海水温の高い海上を通過してくるので、勢力が衰えて消滅することは
あまり考えられず、逆に勢力を強めて台風11号のように非常に強い勢
力に成長する可能性があります。

個人的な予想になりますが、仮に日本に接近した場合、台風11号、9号
より東寄りのコースを辿っているので、関東へかなり接近する可能性が
あるのではと思っています。

台風11号が過ぎた後は、台風12号がやってくる可能性が高いので、最新
の台風情報を確認する必要がありそうです。今後も台風から目が離せま
せん。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ