台風12号 米軍進路予想2015 沖縄と九州は大荒れ!他は猛暑に!


台風12号が昨日までの予想より西寄りのコースを進むことが濃
厚になってきました。特に、沖縄の大東島地方では台風が直撃
するため猛烈な暴風となり、沖縄本島も荒れた天気になりそう
です。

強い台風12号の最新情報によると、7月23日9時には、日本の南
にあり、毎時15kmの速度で西北西へ進んでいます。
中心気圧は955hPa、中心付近の最大風速は40m/s、最大瞬間風速
は60m/sと依然強い勢力を保っています。

スクリーンショット 2015-07-23 11.49.48

※画像は、ヤフーより引用
※画像クリックで拡大できます

台風12号は、今後24日9時には南大東島の南東約130kmに達し、25
日9時には奄美大島の南南西約150kmに到達、26日9時には九州の西
に進むと予報されています。

スクリーンショット 2015-07-23 11.51.18

※画像は、ヤフーより引用
※画像クリックで拡大できます

週末の土日は九州の西を進むと思われ、九州では台風の右側にあた
るため、暴風や大雨も進路によっては可能性があり警戒が必要です。

関東などでは台風の影響はほぼなくなり、週末にある隅田川花火大
会は問題なく開催できそうです。

アメリカ・ハワイの米軍合同台風警報センター(JTWC)の最新情報
によると、24日から25日にかけて、沖縄の大東島や沖縄本島に接近
し、26日0時には九州の西に接近する予報図となっています。

米軍の予想はここ数日間で大幅に進路予想が変更されていて、西寄
りの予報になりました。

スクリーンショット 2015-07-23 11.54.37

※画像は、米軍より引用
※画像クリックで拡大できます

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の最新情報でも、25日から
26日にかけて九州の西を進む予報図となっています。

■7月25日(土)

スクリーンショット 2015-07-23 11.56.19

■7月26日(日)

スクリーンショット 2015-07-23 12.52.44

※画像は、ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)より引用

台風12号は、一時的に熱低になったり、進路が定まらず迷走していま
したが、勢力が増したことで太平洋高気圧も強くなり、当初の予想よ
りかなり西寄りのコースとなる可能性が高くなりました。

数日前までは、日本列島に直撃する確率はかなり高いと思いましたが、
太平洋高気圧が西に強く張り出して、台風12号が西へはじき出される
ような感じになると思います。

しかし、台風12号が西寄りのコースを進むと予想されるため、沖縄
の大東島や沖縄本島、奄美地方では大きな影響を受ける可能性が出
てきました。

特に大東島地方では暴風と大雨で大荒れな天気となり、沖縄本島や
奄美も通常の台風と同じくらいの影響が予想されます。九州では
週末の土日に影響が出て、進路次第では暴風となる可能性があり
ます。

台風12号は、九州をかすめるように進むと思われ、その後日本海へ
進んでいくと予想されています。この九州から日本海へ進むコース
は意外と危険なコースで過去に大きな被害が出たコースです。

過去には、広島の宮島で大きな被害が出たコースで、台風12号が
勢力を落とさなければ中国地方でも強い風が吹く可能性がありま
す。

また、日本海へ進めば、関東にかけての広い範囲で強い南風が吹く
可能性があります。

この台風12号が日本海へ進む来週からは、台風の影響で全国的に
猛暑となり、特に北陸や関東、東北では南風によってフェーン現
象となり、今季一番の猛暑となる可能性があります。

台風12号は、沖縄と九州で当面直接的な影響がありますが、その
後は全国的に台風の影響で猛暑になると思われるので、熱中症な
どで厳重な注意が必要だと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ