台風21号 ヨーロッパ(ECMWF)の進路予想 23日朝に東海~関東直撃か?


台風21号が日本に接近中です。
23日月曜日の朝に東海地方付近に上陸する可能性が高まって
おり、通勤通学時の交通機関が大混乱する恐れがあります。

引用:tenki.jp

今後、台風21号は発達しながら日本の太平洋岸に近づき、
勢力を維持して上陸する公算が高くなっています。また、
台風が接近する前から秋雨前線の影響で西日本から東日本
の広い範囲で大雨になる可能性があります。

それでは、台風21号のヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)
の進路予想を見ていきましょう。

22日9時

23日9時

24日9時

引用:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)

ヨーロッパの進路予想を見ても上陸が避けられないようです。
今後の最新情報で上陸地点は変わってくると思いますが、おお
むね東海~関東沿岸に上陸でしょう。

秋の台風なので、今後速度を速めて日本付近を通り過ぎると
思われますが、大雨の影響は土曜日から出てきますので、
長時間大雨が降り続く恐れがあり、河川の氾濫や土砂崩れが懸念
されます。

米軍合同台風警報センター(JTWC)でも、23日頃に関東地方
へ上陸する進路予想を出しています。

引用:米軍合同台風警報センター(JTWC)

世界各国の進路予想を総合すると、まず上陸は確実と思われ、
上陸地点は東海~関東沿岸が有力です。

大雨警戒は土曜日から、暴風のピークは23日未明から朝にかけて
と思われ、23日の朝は軒並み交通機関がストップすると予想され
ます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ユーキャンの気象予報士通信講座【一括払い】
価格:69000円(税込、送料無料) (2017/10/21時点)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ