地震の前兆を予言するリシル氏に嘘でも耳を傾けてみよう!


いま注目の地震予知ブロガーであるリシル氏は、ごく普通の主婦なん
ですが、有名なアメーバブログを開設していて、すごく素っ気ない
ブログでありながら、過去数々の地震予知をしている不思議な方です。

 

そんなリシル氏が、2015年夏に南海トラフ大地震が起きるという予言
をしています。
予言は、2013年4月12日にしています。
2年後の夏に大震災が起きると・・・場所は東海。

 

ノストラダムスの大予言ではありませんが、この予言から推測するに
2015年夏に南海トラフ地震と読み取れるのです。信じる信じないは自由
ですが、何とも不気味な予言です。

 

もし南海トラフ地震が起きると、日本列島特に太平洋岸は大打撃を受け
ます。東海道新幹線は初の事故を起こすかもしれません。東京~名古屋
~大阪までを結ぶ交通の大動脈は完全に寸断され、日本経済はどん底に
落ち込むことは確実です。

 

人的被害は、東日本大震災を上回ることは不可避です。
万が一、震源が浅ければ大津波が発生し、本州の太平洋沿岸一帯は
すべて飲み込まれ、原発もとても心配です。

 

では、こんな大胆な予知をするリシル氏に根拠はあるのでしょうか?
彼女の地震予知は霊感と体感で予想しています。
こんなことを聞くととてもうさんくさく思えてしまいます。

 

しかし、リシル氏は今まで数々の地震予知をして的中させてきて
います。そうした実績がなければ現在注目されている予言者とは
なっていません。

 

そんなリシル氏が地震予知し的中させた実績は以下のようなもの
です。

・2012年2月6日に予言 →2012年2月8日 佐渡付近M5.7。

・2012年2月13日に予言 →2012年2月14日 茨城県沖M6.2

・2013月4月18日に予言 →2013月4月19日 千島列島M7.0最大震度4

・2013月7月15日に予言 →2013年7月21日 ニュージーランドM6.5

・2013年10月1日に予言 →2013年10月16日 ニューギニア付近M7.1

詳しくは・・・↓↓↓
リシル氏のブログ http://ameblo.jp/risiru-0000/

 

リシル氏の地震予知は霊感と体感と言いましたが、では具体的に
はどのようなものなのでしょうか?調べますと・・・

 

耳鳴りの音の変化と地図を見比べながら判断し、耳鳴りの強弱と
その方向そして過去の地震のデータベースで判断しているといいます。
第六感や霊感に頼っている点からも、他の地震予知研究の地震学者
とは全く一線を画しており、リシル氏は文字通り地震予言者と言え
ます。

 

東日本大震災の際は、10日前くらいから身体に激痛が走り、
耳鳴りがひどかったようですが、どこまで本当なのか常人
には理解できないかもしれません。科学を超えた霊感で判断して
いるようです。

 

ただ耳鳴りに関しては、電磁波パルスの関係で体調に異変を起こし
ている可能性が高く、地震予知で有名な早川氏の電磁波理論に重なる
ところがあります。

 

電磁波については、現代では携帯電話や電子レンジやパソコンから
電磁波が発生しているといわれ、敏感な人はそれで体調を崩す人も
珍しくありません。電磁波グッズも最近売れているようですし。

 

その電磁波は、地震の前兆現象で地殻のひび割れによって発生する
ことは有名な話で、この電磁波の影響で上空の雲が変形し、地震雲
が発生することは巷では気付きはじめた人も多くなり、地震雲が出て
いるか確認する人も多くなっていると思います。

 

また電磁波は、動物の異常行動を引き起こすことも科学的に実証
されつつあり、地震予知においてとても重要な要因として注目され
はじめています。

 

このように、リシル氏は耳鳴りという点で電磁波の異常を感じて
いると思われ、自身の霊感も合わせて地震の予言をしているので
はないかと思われます。
今年の夏に実際に大地震が起きるか、最大の注意を払うのも損では
ないと考えます。

 

↓↓大地震のパニックの中でも、ブレーカーを自動で遮断します!↓↓


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ