地震予知のミシェル氏、南海トラフ大地震の前兆予測に期待!


日本列島は相変わらず各地で連日地震が頻発しています。
ゲイバーママが予言している10月?の首都直下地震や迫りくる南海
トラフ大地震が心配されていますが、その南海トラフに注目する地
震予知のミシェル氏という方がいます。

 
火災保険

ミシェル氏は、今まで紹介してきましたリシル氏やミッヒー氏と同
じく地震予知を体感や霊感、予知夢で予言していく方で、2015年7月
の深夜に発生した大分で震度5強の地震を事前に体感したといわれて
います。

 

ミシェル氏はツイッターで随時、自身の体感情報をつぶやかれてい
て、注目されています。ミシェル氏のご自宅は大分県のようで、自
営業をされているようです。

 

ミシェル Twitter
@ykstg1126k

 

ミシェル氏について、運営されている「michelleのブログ」から簡
単にご紹介しておきます。

 

ミシェル氏は、幼少の頃から不可思議な体験や霊感、予知夢などを
たくさん見てこられたようで、体感や地図を使った手のひらダウジ
ングで地震を予測して、南海トラフ大地震や災害被害を最小限に食
い止めたいと情報発信されているようです。

 

同じく体感で地震予知されているリシル氏やミッヒー氏のように霊感
が強い人のようで、今後注目される地震体感予言者の一人です。
ミシェル氏は大分県に住んでおられていて、7月13日に発生した大分
震度5強の地震を4日前に体感されたことがツイッター上でもつぶやか
れていました。

 

↓↓↓これが実際のつぶやきです。
2015年7月9日 21:29
「M5体感反応あり」
「大分周辺が注意」

 

また、ミシェル氏は南海トラフ大地震に関してとても関心されている
ようで、ツイッター上での発言がとても注目されます。

 

南海トラフ大地震は、巨大プレートが動くという意味で東日本大震災
並の被害が出ることは周知の事実になっていて、今後いつ発生するか
はわかりませんが、いつか必ずやってくるといわれています。

 

地震体感で有名なミッヒー氏やリシル氏も南海トラフ大地震に言及し
ていますし、早ければ今年という話もあります。未確認情報ですが、
百瀬さんという方が、「南海トラフは8月から2月にかけての発生が
多く、12月は特に要注意」と報告されています。

 

南海トラフ大地震で一番警戒が必要なのは津波だといわれていますが、
ところによっては大津波が20~30メートルに達するといわれています。
また、東西の交通の大動脈も寸断され、日本は未曾有の窮地に追い込
まれる恐れがあります。

 

そんな大地震を回避するために、地震予知が今注目されていますが、
徐々に有望な研究者やシステムが開発されつつあります。そのなかで
早川氏の地震解析ラボや村井氏の週刊MEGA地震予測がとても期待され
ています。

 

早川氏の場合は、テレビの防災番組でも取り上げられ、今年の小笠原
沖地震など数々の地震を的中させてきて、私自身も月額600円を払って
地震解析ラボのスマホアプリ情報を利用しています。

科学的に地震予知していく早川氏と村井氏、体感や予知夢などの非科
学的に地震予知をするミシェル氏やリシル氏。自分の身を守るために
これらの方たちの情報に注目することは決して無駄にならないと思い
ます。

 

michelleのブログ
http://ameblo.jp/michelleoita2014/

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ