地震予知の早川氏 最新予測で8月の警戒地域は?






地震予知で有名な早川氏は、有料アプリ「地震解析ラボ」で
毎週予測を出しているのですが、8月の最新情報を差し支えな
い範囲でご紹介します。

今日8月1日は、宮城沖で最大震度3を記録するなど、茨城県
南部にかけて3回ほど小規模な地震がこの地域に集中して発
生しています。

スクリーンショット 2015-08-01 16.07.00

※画像は、ヤフーより引用
※画像クリックで拡大できます

早川氏の地震解析ラボでもこの地域は警戒地域として予測を
出しており、岩手沖から福島沖にかけて8月上旬は引き続き
注意を呼びかけています。

先月の7月中も、青森沖から千葉東方沖にかけては最大震度が
震度3から震度4の地震が頻発していて、東日本大震災以来、こ
の地域は地震の多発地帯として今後も要注意地域であることは
間違いないです。

特に宮城沖は、過去にも大きな地震が発生し、東日本大震災の
震源にも近い地域なので、津波の警戒も含めて常に緊張を強い
られる地震の多発地帯です。

早川氏の最新予測では、宮城沖を警戒地域にしているようなの
で今後も震度3クラスは頻発するのではないかと思います。
宮城には女川原発もあり、福島原発も含めて大津波など何が起
きてもおかしくない状況が続いていると思います。

その他の地域としては、近畿~四国にかけての紀伊水道で強め
の地震が発生するのではないかと予測を出しています。このあた
りは南海トラフとも絡んでくるので、巨大地震につながらない
か心配されます。

南海トラフの巨大地震については、東大の村井教授も警戒地域
に指定していますし、地震体感予言者のミッヒー氏も今年あた
りを予言していますので、東日本大震災並みの巨大地震がいつ
起きてもおかしくありません。

南海トラフの巨大地震が仮に起きれば、四国や近畿の太平洋岸
は大きな津波に襲われ、海底の巨大プレートが大きく動くだけ
に、入りくんだ湾によっては高さが最高30Mに達するという話
を聞いたことがあります。

高知や徳島の人で海岸に住んでいる人は、南海トラフの対策も
まだ不十分だと思うので、このような津波の話を聞けば、半分
あきらめのような感情を抱くと思います。

もし、早川氏が南海トラフの巨大地震の予兆を捉えれば多くの
人の命を助けることになりますが、残念ながら早川氏の地震予
知は毎月利用料を払った人しか情報を得られないので救われる
命も救えないかもしれません。

早川氏の地震予知は、一定の的中率を誇っていますし、多くの
人に「地震解析ラボ」の有料アプリを利用してもらいたいと私
も思っていますが、偏見の声があるのは事実ですし、今後の運
用面でもう少し改善していく必要があると思っています。

今年の10月には、首都直下地震や富士山大噴火を予言している
人もいるし、南海トラフの巨大地震が予言どおり起きないか心
配なので、もっと国が地震予知に研究費を出して、民間の予知
機関にも補助金などを出したりして対策を立てないとだめだと
思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ