小林麻央に進行性がん発覚!乳がんなら余命は?入院病院は?




小林麻央さんが進行性がんであることが明らかになった。
なぜこのタイミングでこのがんが公表されたのか気になる
ところです。

 

進行性がんは、早期がんとは違い進行度が高く、手術も
困難なことから難しいがんであることが知られています。
小林麻央さんは、進行性がんの乳がんであることが海老蔵
さんの会見で明らかになりました。

 

夫である市川海老蔵さんもがんの公表を決意したとみられ、
がん症状が深刻であるからなのか治療に明るい兆しがみえた
のかどちらの理由で公表に至ったのか気になるところです。

 

現実として、進行性がんの乳がんあれば余命はとても厳し
い状況と言えるかもしれません。進行性がんは手術が困難な
部位にがんができたり、転移しやすいので抗がん剤治療や
化学療法しか方法がないと言われています。

 

小林麻央さんは今懸命にがんと闘っている状態と思われ、抗
がん剤治療の副作用に苦しんでいる可能性があります。今は
とても人前に出られる状態ではないかもしれません。

 

そっとしてあげれたら一番いいかもしれませんが、スポーツ
新聞が報じて明らかになった以上、テレビメディアをはじめ
報道は騒がしくなってしまうでしょう。

 

気になる入院先病院は、東京なら築地の国立がんセンターが
一つとして考えられます。まだまだ若い小林麻央さんには
奇跡の回復を願わずにはいられません。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ