阪神の中村GM急死!無能とかやめろとか気の毒でした






阪神の中村GMが急性心不全で突然亡くなられた。とてもびっくり
しました。阪神ファンで大人なら知らない人はいないくらい阪神
タイガースに人生を捧げた人でした。

90年代に阪神の監督を6シーズン務められ、暗黒時代のチーム状
況の中、1992年は優勝争いを演じました。92年はとにかく
投手陣がよく、仲田、中込、野田、湯舟、猪俣、葛西と先発陣が
揃っていました。

打線は、オマリー、パチョレックを中心に亀山、新庄、和田、八
木、久慈など粒ぞろいでした。中村監督3年目の年でチームの土
台が固まったかに見えました。

しかし、野村ヤクルトに逆転優勝を許し、中村監督はオフに打撃
強化に乗り出しました。その目玉が松永でした。阪神は出血覚悟
で野田を放出し、翌年阪神投手陣はガタガタになりました。郭李
は獲得したものの野田の穴埋めにはなりませんでした。中村監督
の最大の汚点になりました。

その松永はなんと翌年FAでダイエーへ移籍することになり、阪神
フロントと中村監督は見事に恥をかきました。当時、阪神にはGM
がいなかったので、現場の中村監督も人事に関わっていたと思い
ます。中村さんは思い切りはいいですが、冷静さに欠けたところ
がありました。

その後、94年も終盤までペナント争いには参加しましたが、失
速し、優勝を逃しました。その年はオマリーが戦犯になり、長打
力がないというだけで放出してしまい、オマリーはヤクルトに
移籍して大活躍し、狭い神宮でホームランを量産しました。

この決定的な失敗で、中村監督は1995年途中で休養し、監督
を辞任しました。この2つの失敗を阪神のオールドファンは記憶
にあって、中村監督は阪神暗黒時代の象徴として最近までつるし
上げにあいました。

ただ、中村監督は不幸にも亡くなられました。中村GMは無能とか
やめろとか言えない状況になりました。多くの批判した阪神ファン
は懺悔の心を持っていると思います。

今後、中村監督、中村GMの再評価がされると思います。中村GMに
なって、西岡や福留の獲得、ゴメスやオスンファンの獲得など
阪神常勝?の基礎だけは作ったのではないかと思います。

オスンファンを獲得するためにスタンリッジを放出しましたが、
当時はかなり中村GMは批判を受けました。しかし、オスンファン
は活躍し、阪神ファンは何も言わなくなりました。

中村GMは心労があったと思います。今年は優勝を願っていたと
思います。今の阪神のチーム状況を残念に思います。せめてCS
には出て、日本シリーズを今年も目指して欲しいと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ