阪神の打順の組み換え、一番西岡、三番鳥谷に変えないと!


阪神が4連敗で、ついに借金生活となってしまった。
和田監督が打順の組み換えを示唆したようなので、多分
大幅な変更が予想される。

和田監督が当然監督なので好きなように采配すればよいと
思うが、現状の打線として機能しそうな打順を考えてみた。

まず、鳥谷一番を却下して三番に戻すべきだ。
たしかに、鳥谷は出塁率がよく四球を多く選べる点で一番とし
ては適任だと思う。ただ、現状の阪神を考えれば少しもったい
ない。未だ打点ゼロというのはとても危うい状況であると思う。

鳥谷を三番に戻せば、打点も稼ぎ、チームの得点力も上がって
いくでしょう。さらに後ろにゴメスがいれば鳥谷と勝負するしか
なく鳥谷にとってさらにヒットが出やすい状況が生まれる。

さらにメリットとして、ゴメスへのマークが弱まる可能性が
ある。鳥谷で神経を使うピッチャーが次のゴメスと対戦するとき
かなりストレスを抱えて投球しなければならない。それがゴメス
のヒット率を高め、さらに後のマートンも楽になる。

西岡の三番はクリーンアップとしては頼りなく、少し迫力に
欠ける。今季の西岡は好調でホームランも打っているが、鳥谷
が三番に居る方が相手ピッチャーも嫌だと思う。

西岡には2013年の年のように切り込み隊長として塁に出て
チームに勢いをつける役割を期待したい。当然足も速いので
機動力は使えるだろう。

二番の上本は難しいが、上本は二番タイプではないと思う。一番
か下位でのびのび打たせた方がいいと思う。バットを短く持って
いるがあれでは上本の持ち味を殺してしまうと思う。ただ上本を
外す選択肢はない。ここはあえて二番大和を使ってみたい。

センター大和は安心して任せることができる。江越の打撃は魅力
だが、守備をみればまだ未熟だ。大和二番でつなぎに徹し、鳥谷
へつなぐ打撃をすれば打線として機能するのでは?

そうなった場合、上本は長打も打てる八番として配置し、大和が
不振な場合は仕方なく二番を打たせる選択肢も残しておきたい。
やはり大和がセンターでないとピッチャーも安心して投球できない
だろう。センターラインが重要なのはいうまでもない。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ