首都直下型地震の予言、ゲイバーママは10月?政府も想定!


ゲイバーママが、今年10月に過去と比較にならないくらいの首都直下型
地震がきると予言していますが、どう思われるでしょうか?

渋谷のゲイバーママは、海老蔵など多くの有名人が常連客で、芸能人の
間ではかなり評判の高い占い師だそうです。
手を見て占いながら、体感で地震の前兆を察知する透視能力がある予言
者と言えるでしょう。

体の不調など体感で地震の予言をする人は他にミッヒー氏やリシル氏、
かずさんなどがいて、私は毎日ツイッターやブログでこの3人の動向
をチェックしているのですが、ゲイバーママも体感手法で予言してい
るので注目しないわけにはいけません。

首都直下型地震に関して、今年10月に実際に起きるか起きないかは、
ゲイバーママの予言を注目していきたいですが、政府の中央防災会議
は現実としてM7.3の地震を想定していて、京都大大学院の藤井聡教授
などは首都直下型地震は、東京オリンピックがある2020年までに100%
起こると断言しています。

100%起こると断言していることについてはとても驚くべき政府の予測
です。文言上は2020年までと言っていますので、今すぐ起きてもおか
しくない状況と意味を置き換えることができます。

東京都心に住んでいる人で、ゲイマーママの予言と政府の想定に危機
感を覚えた方は、今すぐ行動を開始することをおすすめします。
私は、今後引越を予定しているのですが、この首都直下型地震を想定
して比較的安全な地域を選定しようと考えています。

まず私が首都直下型地震で危険だなと思う地域としては、大正の関東
大震災でも被害が大きかった都心より東の地域です。浅草周辺から
江東区にかけては大きな被害が予想されます。

あとは、江東区や中央区などの湾岸地域は液状化現象も想定され、
高層マンションでは激しい揺れに襲われる可能性が高いです。
品川から横浜にかけての住宅密集地域については大火災になる
可能性があります。

少なくとも新宿や渋谷、中野、杉並など23区内は私なら避けます。
できれば、東京なら多摩地域、埼玉なら川越、所沢などの西部地域
を選んだ方がいいと思います。揺れの強さも埼玉東部や千葉よりは
西部地域の方が地盤も東部よりはよいと思われ、揺れにくい土地だと
思うからです。

首都直下型地震は、いろいろ調べてみても不可避のような感じです。
3.11の東日本大震災で発生した地殻のズレが東北地方より小さかった
ため、その歪みを戻すために関東地方で巨大地震が発生すると言われて
いるのです。

国は、最悪だと死者2万3000人と想定しているようですが、都市型災害
ということで首都高や新幹線、電車脱線、大火災等で死亡者は100万人
くらいになるとも言われています。

今日、明日起きても大丈夫なように地震の情報収集と非常用持ち出し袋
は用意しておきたいものです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ