AKB総選挙の予想 NGT48移籍の北原はどうなるか?


AKB総選挙の開票日は6月6日ですが、投票開始も
近づいてきて徐々に熱気を帯びてきました。

そこで今回は、NGT48に移籍することが決まっている
北原里英の予想をしてみたいと思います。

結論から言いますと、16位までの選抜は正直微妙
かなと思います。2014年の第6回は19位でした
が、そこからのランクアップは簡単ではありません。

AKBの中堅メンバーが軒並み順位を下げていく中で、
きたりえはかろうじて19位に踏みとどまり、面目
を保ちました。

しかし、今年も多くの若手メンバーが上位をうかがって
おり、特に地方(HKT48やSKE48)が上位に食い込んで
くることは必至です。

きたりえは、選抜入りが目標とテレビで話していまし
たが、正直厳しいかなというのが妥当なところです。

ただ、北原はNGT48への移籍そしてキャプテン就任という
大きな流れの中にあります。当然、注目度も上がっており
新潟からのファンの期待やNGT48関係からの後押しもあると
思われ、昨年より順位を上げる可能性を秘めていることは
否定できません。

きたりえは、同期さっしーのようにNGT48で成功をおさめる
ことができるかわかりませんが、次世代メンバーと呼ばれ
続けてきた過去から一皮剥けるチャンスをつかんだことは
間違いありません。

AKB48のANNでは担当がメンバーで最多とそのトークセンスは
抜群で、さっしーに負けず劣らずのキャラを確立している。
さっしーのようにメジャーな一面はないが、根強いファンが
いるのは確かで、第7回のAKB総選挙では再浮上の目もある。

アイドルプレーヤーとしてはピークは過ぎたものの、NGT48の
キャプテンとしての地位を得たことで、AKBグループにおいて
確固たる存在感を得たと思う。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ